メリットとデメリット

リロケーションにはメリットが色々とあります。家を空けている期間にも住んでくれる人がいることで、家賃や管理費、税金の全てや一部を負担してもらうことができます。

そして、他にも自宅のメンテナンス効果があります。家というのは住む人がいないと老朽化が進みやすいですし、埃やカビが発生しやすくなります。人が住んでいると清掃をしてくれるのはもちろんですが、空気の入れ替えが行われ湿気がこもりにくくカビを防ぐ効果も高いです。

しかし、デメリットももちろんあります。まずは帰国時期が変更になってしまった場合に入居者との賃貸借契約の変更が難しいことがあります。帰国が早まっても契約期間であるために自宅に戻れず他に家を借りなければならなくなったり、逆に延長となってしまったために無人期間ができてしまったりすることもあります。

そして貸した相手によっては衛生観念が違ったり小さい子がいたりすると貸す前にはなかった傷ができていたり汚れが目立ったりすることもあります。補償やクリーニングについてはしっかりと話し合いをしておくことが重要です。これは、リロケーション会社によっても差があるので、リロケーション会社を決める際のチェックポイントとしておくと失敗が少ないです。