メリットとデメリット

リロケーションにはメリットが色々とあります。家を空けている期間にも住んでくれる人がいることで、家賃や管理費、税金の全てや一部を負担してもらうことができます。

そして、他にも自宅のメンテナンス効果があります。家というのは住む人がいないと老朽化が進みやすいですし、埃やカビが発生しやすくなります。人が住んでいると清掃をしてくれるのはもちろんですが、空気の入れ替えが行われ湿気がこもりにくくカビを防ぐ効果も高いです。

しかし、デメリットももちろんあります。まずは帰国時期が変更になってしまった場合に入居者との賃貸借契約の変更が難しいことがあります。帰国が早まっても契約期間であるために自宅に戻れず他に家を借りなければならなくなったり、逆に延長となってしまったために無人期間ができてしまったりすることもあります。

そして貸した相手によっては衛生観念が違ったり小さい子がいたりすると貸す前にはなかった傷ができていたり汚れが目立ったりすることもあります。補償やクリーニングについてはしっかりと話し合いをしておくことが重要です。これは、リロケーション会社によっても差があるので、リロケーション会社を決める際のチェックポイントとしておくと失敗が少ないです。

リロケーションとは

リロケーションというのは、転勤などで一定期間に自宅を開ける際に、その家を誰かに貸すという方法です。持ち家の場合には空き家にしていても所有していれば固定資産税の支払いがありますし、住宅ローンを組んでいればその支払いもあります。

海外赴任をしている際には海外でも住む場所を確保する必要があり、そこで家賃を支払うこともあります。そうすると、二重で家賃を払っているような状態になります。しかし、そこで現在の持ち家を処分するというのは帰国予定がある場合には住む家を手放すことになってしまいますし、せっかく手に入れた家を簡単に手放すことは心苦しいものです。そこで、海外赴任中のみ誰かに自宅を貸すことで住宅ローンの支払いや税金の支払いの費用に充てるということができるのです。

リロケーションというのは最近よく活用されるようになった空き家の活用方法です。これまでは、賃貸借契約の根拠となる借地借家法の中には借主についての法律は整っているものの貸したいという人に対しての法律がきちんと整っていませんでした。それが、2003年に定期借家契約という期間を限定した賃貸借契約が可能となったため、リロケーションに対応した法律が整備されたことでニーズが高まっています。

海外赴任の事前準備

海外赴任の準備として進めるべきこととして、まずは入国に必要な手続きがあります。パスポートの取得や、ビザの申請という最も大事なことは勤務先が手配してくれる場合もありますが、自分で行う必要があることもあります。

自分で進める時間がない時には旅行代理店が行なってくれるので依頼をしていきます。現在の住居の電気やガス、水道といったもののや子供がいる場合には学校の手続きといったものはそれぞれ早いうちから少しずつ進めていきます。順序を間違うと必要書類が発行できず手間取ることがあるので注意が必要です。

現在住んでいる住居が賃貸物件の場合には解約手続きをすれば良いのですが、持ち家の場合にはその家をどうするかということが検討事項としてあります。また、転居の際に全ての荷物を持っていくのか、不要なものは置いていくのかということによっても自宅の問題は変わってきます。

荷物を置いていく際には、賃貸物件や持ち家にそのまま置いていくこともできますが貸し倉庫やトランクルームに預けるという方法もあります。金銭的な面の問題、会社からの補助、荷物の量といったものを総合して自宅をどうするのか、荷物をどうするのかを判断することが重要です。

海外赴任時の持家管理

近年のグローバル化に伴い、仕事の場は日本国内に止まらず海外にもたくさん出てくるようになりました。外国企業に勤める日本人もいますし、外国との仕事のやりとりが多い仕事についているという人もいます。英語が社内の公用語として用いられている企業も多く、この波はどんどん広がっていくと考えられています。

実際、1980年代には工場が海外移転するようになり、日本の技術者や人事担当者が赴任するようになっていきました。そこから、海外赴任というのは件数を伸ばしています。現在、海外赴任をしている日本人は100万人を超えていると言われています。外国とのやりとりがある企業に勤めていたり、外国に工場や事業所があったりすると単身者だけでなく家族がいる人であっても海外赴任を命じられることがありうることを理解しておく必要があります。

実際に海外赴任をするとなると、その準備は大変なものです。出国までに仕事の調整も必要ですし、住むところの準備も必要です。赴任先の政治時経済、文化、教育といった情報についても収集をして必要に応じて準備をする必要があります。このような計画を進めていくのに、海外赴任が多い企業であれば最短で1ヶ月ほどで全てを片付けなければなりません。

計画的に進めるために海外赴任の可能性のある企業に勤めている人は事前に予備知識を身につけておくべきです。そこで、ここでは海外赴任が決まってからの準備で必要なこととその中の一つであるリロケーションについて紹介をしていきます。