海外赴任時で活用!リロケーション

海外赴任時にリロケーションを活用しよう
未分類

リロケーションとは

リロケーションというのは、転勤などで一定期間に自宅を開ける際に、その家を誰かに貸すという方法です。持ち家の場合には空き家にしていても所有していれば固定資産税の支払いがありますし、住宅ローンを組んでいればその支払いもあります。

海外赴任をしている際には海外でも住む場所を確保する必要があり、そこで家賃を支払うこともあります。そうすると、二重で家賃を払っているような状態になります。しかし、そこで現在の持ち家を処分するというのは帰国予定がある場合には住む家を手放すことになってしまいますし、せっかく手に入れた家を簡単に手放すことは心苦しいものです。そこで、海外赴任中のみ誰かに自宅を貸すことで住宅ローンの支払いや税金の支払いの費用に充てるということができるのです。

リロケーションというのは最近よく活用されるようになった空き家の活用方法です。これまでは、賃貸借契約の根拠となる借地借家法の中には借主についての法律は整っているものの貸したいという人に対しての法律がきちんと整っていませんでした。それが、2003年に定期借家契約という期間を限定した賃貸借契約が可能となったため、リロケーションに対応した法律が整備されたことでニーズが高まっています。