海外赴任の事前準備

海外赴任の準備として進めるべきこととして、まずは入国に必要な手続きがあります。パスポートの取得や、ビザの申請という最も大事なことは勤務先が手配してくれる場合もありますが、自分で行う必要があることもあります。

自分で進める時間がない時には旅行代理店が行なってくれるので依頼をしていきます。現在の住居の電気やガス、水道といったもののや子供がいる場合には学校の手続きといったものはそれぞれ早いうちから少しずつ進めていきます。順序を間違うと必要書類が発行できず手間取ることがあるので注意が必要です。

現在住んでいる住居が賃貸物件の場合には解約手続きをすれば良いのですが、持ち家の場合にはその家をどうするかということが検討事項としてあります。また、転居の際に全ての荷物を持っていくのか、不要なものは置いていくのかということによっても自宅の問題は変わってきます。

荷物を置いていく際には、賃貸物件や持ち家にそのまま置いていくこともできますが貸し倉庫やトランクルームに預けるという方法もあります。金銭的な面の問題、会社からの補助、荷物の量といったものを総合して自宅をどうするのか、荷物をどうするのかを判断することが重要です。