海外赴任時の持家管理

近年のグローバル化に伴い、仕事の場は日本国内に止まらず海外にもたくさん出てくるようになりました。外国企業に勤める日本人もいますし、外国との仕事のやりとりが多い仕事についているという人もいます。英語が社内の公用語として用いられている企業も多く、この波はどんどん広がっていくと考えられています。

実際、1980年代には工場が海外移転するようになり、日本の技術者や人事担当者が赴任するようになっていきました。そこから、海外赴任というのは件数を伸ばしています。現在、海外赴任をしている日本人は100万人を超えていると言われています。外国とのやりとりがある企業に勤めていたり、外国に工場や事業所があったりすると単身者だけでなく家族がいる人であっても海外赴任を命じられることがありうることを理解しておく必要があります。

実際に海外赴任をするとなると、その準備は大変なものです。出国までに仕事の調整も必要ですし、住むところの準備も必要です。赴任先の政治時経済、文化、教育といった情報についても収集をして必要に応じて準備をする必要があります。このような計画を進めていくのに、海外赴任が多い企業であれば最短で1ヶ月ほどで全てを片付けなければなりません。

計画的に進めるために海外赴任の可能性のある企業に勤めている人は事前に予備知識を身につけておくべきです。そこで、ここでは海外赴任が決まってからの準備で必要なこととその中の一つであるリロケーションについて紹介をしていきます。